【来宮(きのみや)神社】

古くから来宮大明神と称し、熱海郷の地主の神であって来宮の地に鎮座し、 来福・縁起の神として古くから信仰されています。

おおよそ、今から1300年前、和銅三年六月十五日に熱海湾で漁夫が網をおろしていたとき、 御木像らしき物がこれに入ったので、不思議に思っていると、童子が現れ 『我こそは五十猛命である。この里に波の音の聞こえない七本の楠の洞があるからそこに私を祀りなさい。 しからば村人は勿論いり来るものも守護しよう。』と告げられ、 村民達が探し当てたのが、この熱海の西山の地でした。

また、御神前に、麦こがし、百合根、ところ、橙をお供えしたところ喜んで召し上がった伝えられています。
今でも六月十五日(新暦七月十五日)になると熱海の氏子は海岸に出て、 当時を偲ぶお祭り(七月の例大祭・こがし祭り)が行なわれます。

初詣は毎年、市内外より約10万人の参拝客で賑わい、各種イベントなども行われます。

境内にそびえ立つ、全国二位の巨樹:樹齢二千年の大楠は、 幹を一回りすると一年寿命がのびると伝えられており、 この木の生命力にあやかり、長寿・病気平癒・健康祈願のお参りをする参拝者が後を絶ちません。
また、願い事のある人は、思うことを誰にも云わず一回りすると願い事がまとまる、とも言われています。

お休み処では、こがしまんじゅう・大楠せんべいなど各種お土産の他、うどんなどの軽食も召し上がれます。
お水取りは事前に神社にお問合せ下さい。(整理券配布:一回千円)

住所/熱海市西山町43-1
電話/0557-82-2241
交通/熱海駅より「西山」方面行きバスにて約10分→「来宮神社前」下車
駐車場/あり(無料:普通車数台分)※バスは要問合せ



大楠
 

観光スポット一覧にもどる / あたみニューストップページ