錦ヶ浦

にしきがうら

熱海多賀火山の名残が残る景勝地
名勝「錦ヶ浦」
名勝「錦ヶ浦」
熱海の景勝地の一つ。伊豆の玄関、魚見崎の南から約2キロメートルに及び断崖が続く名勝です。太陽がのぼるとき、光が浦にそそいで眩しい五色の光となって輝くことから、京の錦織の名をかりて「錦ヶ浦」と呼ぶようになりました。熱海多賀火山の名残を残し、源頼朝、加藤清正などの歴史的人物に由来する伝説も残されています。
崖の高さは80メートル。荒波が刻んだ兜岩・基盤岩・烏帽子岩・弁天岩など奇岩が並び、海上には初島や大島が浮かびます。
アカオハーブ&ローズガーデン付近から、この絶景を眺めるのがおすすめです。
  • 絶景
    絶景
  • ニューアカオ庭園からの眺望
    ニューアカオ庭園からの眺望
  • 歴史的人物に由来する伝説も残る
    歴史的人物に由来する伝説も残る
DATA
住所 〒413-0033
静岡県熱海市熱海(ホテルニューアカオ付近)
駐車場 なし
アクセス ■JR熱海駅より網代方面行きバスにて約15分→錦ヶ浦下車