熱海七湯 野中の湯

あたみななゆのなかのゆ

熱海七湯で湯の町の情緒を味わう
かつては泥の中に湯がブクブク噴いていた
かつては泥の中に湯がブクブク噴いていた
街を歩くと、坂道のところどころから湧き出す湯気が発見できます。「熱海七湯」といわれる源泉です。源泉を巡り、長い歴史と温泉情緒に触れるのもおすすめです。
熱海七湯の一つ、野中の湯。
野中山のふもとの、「野中」と呼ばれるこの辺り一帯は、泥の中に湯がブクブク噴いて、杖で突くと湧き出したといわれています。
またこのあたりの土は丹(赤色の土)のようで、壁を塗る材料に使われました。
江戸時代まではこの「野中の湯」は湧き出るところが浅かったため、湯をためる湯枡を設けなかったといわれています。
DATA
住所 〒413-0019
静岡県熱海市咲見町(中銀ライフケア咲見 入口)
電話番号 0557-86-6218  (熱海市都市整備課公園緑地室)
駐車場 なし
アクセス ■JR熱海駅より徒歩約15分
備考 ※入浴施設ではありません