双柿舎

そうししゃ

明治の文豪、坪内逍遙の住居
坪内逍遙が過ごした住居
坪内逍遙が過ごした住居
シェークスピアの翻訳家としても有名な明治の文豪、坪内逍遙が、1920年(大正9年)から1935年(昭和10年)に亡くなるまでの15年間を過ごした住居。
坪内逍遥は、約9年間、荒宿(現在の銀座町)に住み、シェークスピア劇の翻訳や、戯曲「名残の星月夜」、「義時の最後」などを著しましたが、閑静だった荒宿が騒がしくなり、執筆活動に専念できなくなったことから、水口町に新しく建てたのがこの双柿舎。樹齢300余年と言われる柿の大樹が2本あることにちなんで「双柿舎」(そうししゃ)と呼ばれるようになりました。 邸内には、塔の形の書庫や筆塚があり、また、会津八一の筆による門の扁額なども見どころとなっています。
  • 双柿舎の庭園
    双柿舎の庭園
  • 庭も建物も坪内逍遙が自ら設計
    庭も建物も坪内逍遙が自ら設計
  • 館内案内図
    館内案内図
DATA
住所 〒413-0016
静岡県熱海市水口町11-17
電話番号 0557-86-6232  (熱海市生涯学習課文化施設室)
営業時間 日曜日10:00~16:00
料金 無料
駐車場 なし
アクセス ■JR熱海駅より相の原方面行きバス利用約10分→来宮駅前下車→徒歩約5分
■JR熱海駅よりタクシー利用約10分
備考 ※日曜のみ開館