第75回熱海梅園梅まつり

だい75かいあたみばいえんうめまつり

日本で最も早咲きの梅
1886年(明治19年)に開園した熱海梅園は、 日本で最も早咲きの梅として有名です。毎年11月下旬~12月上旬には、第一号の梅の花が開花します。
樹齢100年を越える梅の古木を含め、59品種・472本の梅が咲き誇り、早咲き→中咲き→遅咲きと、順番に開花。梅まつり期間中、梅を存分にお楽しみいただけます。
期間中、園内には足湯や土産店もオープン。 日によって熱海芸妓連演芸会や落語会、甘酒無料サービスなどのイベントも実施します。
※フォトコンテスト入賞作品につき画像の無断使用はご遠慮ください。

 
期間中のイベント情報

----------------------------------------------------------------------
<梅の開花状況>
2/14現在
全体(59品種・全472本)437本開花 →4.92分咲き(↓)
上記のうち
・早咲き(全271本)257本開花 →5.44分咲き(↓)
・中咲き(全104本)100本開花 →6.18分咲き(→)
・遅咲き(全97本)80本開花 →2.13分咲き(↑)
全体的な開花度が若干下がり始めました。中咲き品種が良い状態になってきました。
開花している主な品種:甲州最小、野梅系、鬼桂花、玉垣枝垂、長束、梅郷、矮生冬至、青軸、唐梅、鶯宿、紅千鳥、大盃、見驚、増井緋梅、御所紅、呉服枝垂、梓弓、鴛鴦、林州、酔心梅、思いのままなど
 
問合せ 熱海市公園緑地課 電話0557-86-6218
大きな画像は→facebookページの写真アルバム「2019年 熱海梅園の梅」をご覧ください。
-------------------------------------------------------------------------------
2/11撮影


2/10撮影








 

-------------------------------------------------------------------------------
<参考:2018年の梅の状況>
3/12現在:全体ほぼ終わり

3/4で梅まつりが閉幕しましたが、今季は寒波の影響で開花が遅れ、
下記のとおり、2月下旬に全体的な見頃となり、まつり終了後も約1週間、遅咲き種が見れていました。
---------------
2/27
全体(59品種・全472本)456本開花 →7.09分咲き 全体見頃
上記のうち
・早咲き(全271本)265本開花 →8.33分咲き
・中咲き(全104本)103本開花 →7.47分咲き
・遅咲き(全97本)88本開花 →3.22分咲き
半数以上を占める早咲きと中咲きが揃い、全体的に見頃を迎えています。

昨年の状況は→facebookページの写真アルバム「2018年 熱海梅園の梅」をご覧ください。
-------------------------------------------------------------------------------
DATA
開催期間 2019年1月5日(土)~3月3日(日)
開催時間 8:30~16:00
会場名 熱海梅園
住所 〒413-0032
静岡県熱海市梅園町8-11
電話番号 0557-85-2222  (熱海市観光協会)
定休 なし
料金 梅まつり期間中の上記時間帯のみ有料
一般300円
団体(11名以上の場合)200円
市民・熱海市内宿泊者100円
中学生以下無料
駐車場 梅園前100台(1/1~3/3のみ)
8:30~16:30 
駐車料金:普通車1台600円
アクセス ■JR熱海駅から「相の原団地」行きバスにて約15分→「梅園」下車
→バス時刻表
■熱海駅より伊東線にて約3分→来宮駅下車→徒歩約10分
ホームページ 詳細はこちら
備考 ■期間中は周辺道路・駐車場の混雑が予想されますので、公共交通機関をご利用ください。
■夜間ライトアップはありません