2019.01.08

1/7熱海消防出初式レポート

昨日1/7(土)、毎年恒例の熱海市消防本部・消防団による「平成31年熱海消防出初式」が開催され、市消防本部・消防署員・団員・来賓あわせて約500人が出席しました。
式典では、国旗掲揚・国歌斉唱、消防殉職者に対する黙祷、部隊検閲に続き、 稲田消防長による式辞、齊藤熱海市長の告辞、櫻井消防団長の訓示があり、その後各種表彰が行われました。
続いて、富士保育園・栄光熱海中央保育園・MOA熱海保育園の市防火協会幼年消防クラブ員が「防火のちかい」を唱和した後「火の用心の歌」を披露しました。元気いっぱいの歌声が会場に響き渡り、大きな拍手がおくられました。
   
式典終了後は、銀座通りで観閲パレードが実施され、消防署員・団員らの行進に続き、消防車やはしご車・救急車などの車両が続きました。
パレードの後は、親水公園ムーンテラスに場所を移し、 海上に向かって一斉放水を行い、防災への備えをアピール。出初式のフィナーレを飾りました。
皆さんも、この機会に「災害の少ない安全な街づくり」について見直してみて下さいね。