湯かけまつり

温泉地の伝統行事
(写真:湯河原温泉観光協会提供)
(写真:湯河原温泉観光協会提供)
江戸時代にお湯を樽詰にして将軍家に献上する「献湯神輿」の出発の際、道中の安全を祈願して湯をかけた儀式を再現した行事で、熊野神社(湯河原町)の春の大祭にあたる5月の第4土曜日に「湯かけまつり」として行われています。
神奈川県湯河原町と静岡県熱海市の境に流れる千歳川の上流「藤木川」の不動滝から泉公園までの約2kmの道を、神輿が温泉の「湯」を浴びながら温泉街を練り歩くお祭りです。
沿道には温泉の「湯」が入った樽が用意され、観客が神輿めがけて威勢良く「湯」をかけます。
メイン会場となる湯河原観光会館前広場とフィナ-レ会場の泉公園では、神輿が甚句にあわせて会場内を練り歩き、さらに盛大に「湯」がかけられ、迫力満点!
また「湯かけまつり」と同時に、何万本もの箸を燃やし、無病息災、五穀豊穣を祈る「御箸(みはし)まつり」も古より神事の行事として行われています。
ぜひ温泉地ならではの迫力ある祭りを身近でご覧ください。
DATA
開催期間 2019年5月25日(土)
※雨天決行
開催時間 神輿パレード:19:00~21:30
御箸(みはし)まつり・火入れ式:19:00~(湯河原観光会館前広場)
会場名 パレード区間:不動滝(19:00出発)~湯河原観光会館(20:00過ぎ頃)~泉公園(21:00頃到着)
住所 静岡県熱海市泉
電話番号 0465-64-1234  (湯河原温泉観光協会)
ホームページ 詳細はこちら