南熱海:長浜(多賀)の海岸線に110基のかがり火が一斉に点火される、お盆終わりの行事です。
海岸から流される500もの灯籠とともに水面に映ってゆらめく炎は幻想的です。

百八体かがり火とは・・・
南熱海多賀地区は昔からみかんやだいだいの産地として有名でした。
山奥から海岸線まで段々のみかん畑が続くような地域で、夏になると害虫駆除のために海岸で大規模なたき火をしていたそうです。 (田んぼや畑の害虫が海岸のたき火に飛び込んでくるので)
いつしかそのようなことも行われなくなってしまいましたが・・・
昭和30年代になって、このたき火を復活させ、お盆の終わりの送り火としてイベント化しました。
夏の伝統行事として毎年多くの方にご観覧いただいています。