2021年08月26日

【認定NPO法人 日本レスキュー協会】熱海市内に物件をお持ちのオーナー様へ

 

熱海市伊豆山地区土石流災害において被災された方がペットと一緒に一時入居が可能な物件を探しております。

 

現在被災地では、避難所となっているホテルから、次の住まいへ移る時期となっています。

本災害では、ペットと一緒に暮らす方も多く被災されました。

次の住まいとなる公営住宅には、ペットを連れての入居は認められておらず、また、行政による民間賃貸住宅借り上げ制度を利用する場合でも、そもそも熱海市内にはペットと一緒に入居可能な物件が少ないため、ペットを飼われている世帯の次の住まいが見つけにくい状態となっています。

 

被災された方からは「大切な家族だから、ペットと離れたくない」「せっかくこの災害を生き残った子だから、ずっと一緒にいたい」という切実な声があります。

ペットと一緒に暮らすことを望む方のため、以下の条件に当てはまる物件を探しております。

 

●熱海市内または近隣市町の物件であること

●昭和56年6月以降に建築した住宅または、昭和56年5月以前に建築した住宅で(耐震診断・耐震補強により)耐震性が確認された物件であること

●ペットと一緒に入居が可能であること

●不動産会社による仲介が可能なこと

●家賃が静岡県の設定する以下の上限金額を超えないこと

[1人世帯:50,000円、2人世帯:60,000円、3~4人世帯:70,000円、5人以上世帯:90,000円]

※上記条件についてご不明な場合やその他詳細については、熱海市まちづくり課建築室(電話0557-86-6406)までお問い合わせください。

 

ご提供いただいた物件は不動産の物件として登録後、「静岡県借上げ型応急住宅事業」として静岡県により借上げられ、被災された方のご希望により提供されます。最大2年間の契約による月額の家賃等が、静岡県から支払われます。

熱海市内または近隣市町に物件をお持ちのオーナー様で、一時的な住宅として提供をしていただける方は、認定NPO法人日本レスキュー協会へお問い合わせください。
 

 

【日本レスキュー協会とは?】

1995年 阪神淡路大震災を機に発足し、災害救助犬・セラピードッグの育成派遣活動、動物福祉活動を行う認定NPO法人です

熱海市土石流災害において、発災直後の73日に出動、翌4日から行方不明者の捜索活動にあたりました。この活動に引き続き、被災されたペット世帯への支援活動を継続しています。

 

【お問い合わせ先】

認定NPO法人 日本レスキュー協会

兵庫県伊丹市下河原2-2-13

Mail:aigo@japan-rescue.com

TEL:072-770-4900 FAX:072-770-4950

日本レスキュー協会HPhttps://www.japan-rescue.com/