熱海の山の恵み熱海だいだいグルメ熱海の山の恵み熱海だいだいグルメ

日本一!熱海だいだい

旅先のたのしみはグルメやお土産さがし。
熱海といえば海のイメージですが、実は山も魅力!
山では日本一の生産量を誇る“熱海だいだい”が実り、6月には真っ白な花を咲かせます。
縁起がよくて、おいしくて、きれいになる!?
新しい熱海の顔を料理やスイーツで楽しんで!

縁起がよい!

だいだいの語源は、代々。冬に熟した実が春になっても落ちずに木についていることから「代々続く」の意味で名付けられたと言われています。そのため、「代々家が栄える」縁起の良い果物として、正月飾りにも用いられてきました。
また、熱海のパワースポット、來宮神社の神様は「だいだい」が好きという話が伝えられています。熱海だいだいは、とっても縁起がよい果物です。

縁起がよい!

ビタミンCたっぷり

熱海だいだいのビタミンCは豊富で、なんとレモンを上回るほど! ビタミンCは美肌や風邪予防、ストレスの抑制などにも効果的。クエン酸は、疲労回復効果も期待できます。熱海だいだいと温泉で、美肌の相乗効果も期待できそう!

ビタミンCたっぷり

料理の名脇役

熱海だいだいは、香りがよく、酸味がきいて、魚や肉などの食材を引き立てる名脇役!熱海市内のお店では、熱海だいだいの実、皮、果汁を活用したグルメを楽しむことができます。マーマレードやポン酢など、お土産品も人気です。

料理の名脇役

熱海だいだいの歴史

江戸時代末期、網代港に立ち寄った紀州の船乗りたちが食べていただいだいの種を植えたのが始まり。多賀はだいだいを植えるのに適した山並みが広がり、畑はどんどん広がりました。12月になると、多賀の山はたくさんの黄色の果実で彩られます。

熱海だいだいの歴史

熱海だいだいは、11月末から収穫が始まり、黄色く熟すのは12月~1月頃。
実や葉、花からとれる精油はリラックス効果が高いと注目されています。

  • 5月、白い花が咲く。精油にもなる希少なもの。5月、白い花が咲く。
    精油にもなる希少なもの。
    写真提供:株式会社anyit
  • 7月末。実はまだ青く小さい。7月末。
    実はまだ青く小さい。
  • 12月のだいだい。実は大きくなり、色づく。12月のだいだい。
    実は大きくなり、色づく。

熱海だいだいを食べよう!

熱海で代々受け継がれ、愛されてきただいだい。
「熱海の味としてもっとPRしよう!」とまちの人たちが協力。熱海市、地元農家、まち中の飲食店が新メニューを考案しました。
ヘルシーできれいになる!? 家族代々でも楽しめます。
和・洋・スイーツ、各店の特長を生かしたメニューぞろいです。

熱海だいだいを食べよう!

熱海だいだいメニューアドバイザー

料理研究家 長田絢さん

熱海だいだいの爽やかな香りは、食欲を刺激してリラックス効果もあり、さまざまな食材とマッチします。含有量の多いビタミンCは、美肌や風邪予防、ストレスの抑制などにも効果的。クエン酸は、疲労回復効果も期待できます。だいだいと温泉で、美肌相乗効果も期待できそうです。
だいだいは、様々な食材にマッチして料理を引き立ててくれる名脇役です。爽やかな酸味、素材の旨みを引き立て、鼻に抜ける香りと風味が楽しめます。各店が心をこめて開発した、新しい熱海だいだい料理を、ぜひお召し上がりください。

プロフィール
横浜出身。「食べることは生きること、食を通じて健康と幸せを!」を理念に、株式会社Japan Food Expertを設立。食の大切さを伝える講演や料理教室、商品開発やレシピ制作、テレビ番組の出演や執筆活動、飲食店経営を行う。県や市町村の6次産業推進や地域活性化のための新商品開発講座講師や 地域創生事業プランナーなど、食の分野で幅広く活躍中。
http://www.jfe-aya.jp

食べ歩き・お土産に まち中だいだいグルメ

熱海だいだいを食べよう!

熱海通信 だいだい特集はこちら

熱海通信

熱海通信 だいだい特集はこちら

pagetop