花火大会の歴史


※画像無断使用禁止※
H26開催日程
 


熱海の花火の大きな特徴は2つ。 一つはフィナーレ「大空中ナイアガラ」、もう一つは「打上げ会場」です。

毎開催フィナーレを飾る【大空中ナイアガラ】は、 仕掛け花火ではなく、会場全体から打上げるスターマイン。 銀色の花火が夜空を埋め尽くし、真昼のように明るく輝きます。 あまりの美しさに瞬きを忘れるほど・・・感動間違いなしです。

また、会場である熱海湾は花火業者さんも絶賛する、日本一の花火打上会場! 3面を山に囲まれた「すり鉢」状の地形のため、海で上げる花火の音が反響し、 大きなスタジアムのような音響効果があります。 親水公園など、海の近くでご覧頂くと、大きな単発や「大空中ナイアガラ」は、 体にまで音が伝わってきます。見るだけでなく、体感して頂く花火です。

この他、会場を最大限に活かした、熱海ならではの構成で花火をお楽しみ頂きます。
ぜひ今年も皆様お誘い合わせの上、観覧にお越し下さい!


熱海海上花火大会は、昭和27年から開催しており平成26年夏で63年目を迎えます。
昭和24年8/31「キティー台風」による高波で海岸地区140戸あまりの家屋が流失する災害、 そして翌昭和25年には「熱海駅前火災」、更に10日後には中心街の979戸が焼失した大火に見舞われ、 その後の復興に向け、地元市民による努力が続きました。

街の復興とその努力に報いるべく、昭和27年に花火を打ち上げたのが始まりです。 以来その伝統が受け継がれ、今では一年を通して開催しており、熱海の代名詞となりつつあります。

※63回目となるのは毎年固定日開催である8/5(熱海市観光協会主催)の花火大会です。

▲ページTOPへ

平成26年 熱海海上花火大会

春−−20:20〜20:45
 3/30(日)・4/12(土)

夏−−20:20〜20:50
 7/21(月・祝)・7/26(土)
 8/5(火)・8/8(金)・8/17(日)・8/20(水)・8/29(金)

秋−−20:20〜20:45
 9/15(月・祝)

冬−−20:20〜20:45
 12/7(日)・12/14(日)・12/23(火・祝)

会場/熱海湾(熱海港7.5m岸壁〜海釣り施設) ※雨天決行

観覧場所/サンビーチ海水浴場〜熱海港まで海岸線一帯 など
(熱海駅からの所要時間 →サンビーチまで徒歩約15分 →親水公園第1工区まで徒歩約20分)

問合せ/熱海市観光協会0557-85-2222

▲ページTOPへ

※開催日当日、市内駐車場は大変混雑しますので、JR等の公共交通機関のご利用をおすすめします。
※開催時間、ムーンテラスは封鎖させて頂きます。
※花火大会開催日、親水公園第一工区は場所取り禁止となります。シート等で場所取りされている場合、撤去・没収しますので、ご了承お願いいたします。
※開催日当日、熱海港海釣り施設は休場となります。
※終了後は歩行者優先のため、会場周辺の駐車場は出庫をお待ち頂く場合がございます。

熱海温泉ホテル旅館協同組合主催の花火大会では、 開催日ごとに先着5名様(熱海温泉宿泊者対象)に、 お一人様10,000円でメッセージ花火打上げ募集をしています。(受付は開催日の1ヶ月前まで)
詳細は電話(0557-81-5141)にてお問合せ下さい。

※宿泊者専用観覧スペースおよび有料観覧席は7・8月開催分のみのご用意となります。

▲ページTOPへ



あたみニューストップページ / Copyright (C) 2014 Atami City Tourism Association. All Rights Reserved.